毎月の美白ケアプログラム 女性ホルモンと美白

MENU

毎月の美白ケアプログラム 女性ホルモンと美白

一か月の間に女性のお肌は変化しています。
女性ホルモンが変化していくからです。

 

その変化を表す顕著なものは女性の月経―生理です。
これは排卵前と排卵後の2つの女性ホルモンの変化によっておきています。

 

なにかと女性にとっては憂鬱なものなのですが、女性機能をつかさどる大切な体の機能です。
また一か月に一度の体の大掃除なんです。

 

女性ホルモンは一か月の間で、正常に働いていると前半2週間と後半の2週間とで変わります。
このホルモンがお肌に影響するんです。
女性ホルモンは主に2つに分けられます。

 

「エストロゲン」

卵巣で作られるホルモンで女性体をつくります。
別名「卵胞ホルモン」。

 

月経から2週間、排卵前までに分泌されるもので、お肌をきれいにする効果があります。
この時期はお肌がプルンとみずみずしく、どんよりする感じが消えてくれます。
メイクののりもいい時期です。

 

「プロゲステロン」

こちらは排卵後に作られるホルモンで別名「黄体ホルモン」。
妊娠の準備や維持する役目を果たすホルモンです。

 

排卵から約2週間月経までの間に分泌されるホルモンです。

 

この時期はお肌が不安定になりがちです。
イライラやむくみが起きやすく、お肌にとってはニキビやシミなどができやすい時期と言われています。
肌のくすみや肌荒れも起きやすくなります。
また月経前は、女性によっては生理前症候群(PMS)などをおこす方もあって何かと体の動きがどんよりとしがち。
血液の流れが悪くなるためくすみなども一時的に起こりやすくなります。

 

シミができる原因は、この2つの女性ホルモンのバランスです。

 

例えば生理不順だったり、妊娠したり、または更年期に突入したりすると、この2種類の女性ホルモンのバランスは崩れます。
そうするとぐんとシミができやすくなるのです。

 

2つの女性ホルモンのうち「エストロゲン」ばかりだといいのにと思いますが、それだけでは女性らしさは生まれません。
また肌を不安定にさせる「プロゲステロン」も、母体の体温を保ち、体脂肪を減少させたりする役目も果たしているのです。

 

この2つホルモンと私たちは毎月付き合っているんですね。

 

 

 

 

 

 

美白美容液ランキング