美白ケア くすみとくまを消す3つのポイント

MENU

美白ケア くすみとくまを消す3つのポイント

くすみとくま対策―美白ケア3つのポイント 
くすみとくまを解消するための美白ケアのポイントをお話ししていきます。

 

ポイントは3つ

角質ケア
血行促進
保湿

 

美白化粧品だけでは消せないくすみとくま。
お肌と体の状態が複雑に影響するこのくすみとくまを根本から解消していくお手入れです。

 

角質ケア

お肌の表面を覆う角質。
角質は食品ラップ程度の厚さといわれ、外からの刺激を守りお肌のターンオーバーの最終地点です。
くすみとくまの原因となる「角質肥厚」はこの角質の部分にはがれ落ちるはずの角質がのこって、厚く層になっている状態をいいます。

 

くすみとくまに有効な角質ケアとは、この古い角質を取り除いていくお手入れです。
このお手入れが有効なのは、くすみのなかでは特に1の角質肥厚によるタイプのくすみ、くまの中では3の茶色に見えるタイプのくまです。
このタイプのくすみやくまの場合、お肌に触れるとごわごわする感じがするはず。
それが角質肥厚の感触です。

 

この古い角質を取り除いていく代表的な方法がピーリングです。
はがれ落ちるべく角質をお肌の表面から除去してくれます。
ピーリングと言うと必要なお肌まで取ってしまい、かえってお肌によくないのではと心配なる方がありますが、
市販のものだと成分はそれほど強くなく、指示された回数を守っていくことで効果を期待できます。

 

またピーリングの後は新しいお肌が表面にくるので、保湿をしっかりすることでとても大切です。
そうすることでお肌が落ち着いてきます。

 

お肌の穏やかな成分としてはフルーツ酸の入っているものがおすすめ。
フルーツ酸は「AHA」と表示されています。敏感肌などピーリングによるお肌の刺激が不安なときは部分的に試してから行ってみてください。

 

刺激が穏やかでまた肌への負担がないのは、先ほどのフルーツ酸のもので石けんやジェルなどの洗い流すタイプのものがよいでしょう。
洗い流すものだと肌をこする必要がなくお肌への刺激を抑えることができます。
つけた時にちょっとピリッとして洗い流すとお肌が卵を向いたようにつるっとするものが◎です。
お肌が徐々に明るくなっていきます。

 

血行促進

くすみとくまのもう一つの原因が血行不良、お肌の「冷え」です。
お肌全体の血行を良くするためのお手入れをしていきます。
このお手入れが有効なものは、くすみでは3の青黒くみえる血行不良によるタイプのくすみ、
またくまでは青く見えるタイプのものです。

 

肌の色は皮膚の中の色素と血液の色で決まります。
血行を良くすることでお肌の肌色がきれいになります。
またお肌のターンオーバーを正常にし、お肌の表面にたまったメラニンを排出してくれます。

 

この血行をよくするためのくすみとくまお手入れとは、ズバリ適度な運動です。
運動と言っても取り立てて何かスポーツをすることではなく、
仕事や家事の合間に、首や腕を回したり、伸びなどのストレッチをおこなったり、
通勤や昼休みにウォーキングをするなど、日常生活で簡単な運動を取り入れていきます。

 

特に冷房のかかった仕事場でのデスクワークや長時間コンピューターを使う作業では、体もお肌も血行不良を起こしやすくなります。
同じ姿勢のままの作業で首や肩の血行が悪くなるばかりでなく、
くまのできやすい目元の筋肉は同じ表情のままで固定されて血行は悪くなるばかり。
そこで意識して、肩や首のストレッチを行い、コンピューターの画面から目をはなし遠くを見るなど自分なりのストレッチをとりいれてみましょう。

 

また毎日のスキンケアの際に、目元のツボ押しも血行を促進してくれます。
ツボは2つです。
まず「晴明」せいめい―左右の目がしらの少し鼻よりにあるくぼみです。
もう一つは「球後」きゅうご―左右の目がしらから4分の1ほど目がしら側に入ったところの、骨の淵にあるツボです。

 

洗顔のスキンケアの後化粧水や美容液を付けた後にツボ押しを行っていきます。
押し方は3秒押して離します。
押し方も中指で気持ちいいくらいの強さで行います。
同じ場所で3〜5回行います。
目元がすっきりしてきますよ。

 

保湿

美白ケアの基本であるお肌の保湿。
乾燥しやすいお肌は時間がたつとキメが乱れ、けばだちくすんで見えます。
またくまのできる目のまわりのお肌は顔のお肌に比べて薄く、たるみやしわをおこしやすいところ。
スキンケアで一にも二にも保湿と言われるのは、うるおいのあるお肌は弾力とハリがあり、それだけでしわやシミ、たるみを予防してくれるからなのです。

 

保湿のお手入れが効果的なくすみとは、2のお肌の乾燥で起こるタイプのもの、くまでは2のたるみが原因で起こる黒く見えるタイプのものになります。

 

お肌の保湿において出番は何と言っても化粧品。
乾燥で起きてしまうくすみには、「セラミド」入りのものを美白化粧水やクリームを活用していきます。
この2つだけでも十分効果が出ることがありますよ。

 

化粧水とクリームのセラミドがお肌の角質を保湿し、肌の表面のバリア機能を高めてくれます。
そうするとだんだんとお肌のキメが整いお肌のくすみが取れてきます。
時間がたってもしっとりがキープされます。

 

黒く見える、たるみによるくまには、美容液で保湿していきます。
このお手入れは下まぶたのたるみ対策。

 

美白系美容液と言うよりは保湿系美容液を用います。
成分としてはお肌の保湿成分であるコラーゲンの配合されたものがおすすめです。
保湿成分を美容液で補給することでお肌全体がうるおい、年齢と共におとろえがちな肌の弾力とハリをキープしてくれます。
このような保湿ケアは不健康に黒く見えてしまうくまをすこしずつ改善していく一つの方法です。

 

目元のお手入れは特に敏感な部分ですので、次で詳しくお話ししていきますね。

 

美白ケア くすみとくまを消す―目元のお手入れ

 

 

 

 

 

 

 

美白美容液ランキング