その6 日焼け止めは体にも

MENU

その6 日焼け止めは体にも

日焼け止めしよう

美白美人たちは一年を通して紫外線予防をしています。

 

なぜかと言うと紫外線は年中降り注いでいるからです。

 

紫外線予防は日差しの強くなる春から夏を意識する人が多いのですが、冬でも夏の3分の1の量の紫外線が降り注いでいます。

 

ですから一年を通してUVカットを朝のスキンケアの時に取り入れているのです。

 

紫外線はお肌にダメージを与えシミをつくる主な原因と言われています。

 

このダメージがお肌に蓄積されていくというのがやっかいですよね。

 

例えば10代20代で知らず知らずに浴びた紫外線のダメージは30、40代でシミとなってあらわれてきます。

 

またお肌の組織が壊れていたり、弱くなっていたりするところにシミは出やすく、紫外線の刺激がシミ生成を助長してしまうんです。
シミの素となるメラニン色素はお肌のダメージを防ごうとして作られるお肌の防衛反応です。
ですから外からの刺激に対してお肌が自然に反応するんですね。

 

美白美人たちの紫外線予防はお顔だけではありません。

 

春から夏にかけて肌の露出が多くなる頃、体にも日焼け止めを塗っています。

 

体のお肌が受けた紫外線のダメージはお肌の組織の弱っている部分に刺激されメラニンが生成されます。
弱っているお肌の場合それがどうもお顔の場合が多く、
体に浴びた紫外線がシミとなって顔にあらわれると言われているのはそのためです。

 

彼女たちの特徴は黒い服が好きということ。
美人って上手に黒色の服を着ていますよね。

 

夏など陽ざしの強い時は光を反射する「白」が人気ですが、
白っぽい色の服は黒っぽい色の服にくらべて10倍も紫外線を通してしまうというデータがあります。

 

確かに黒をきると熱がこもります。
それだけ黒色そのものが紫外線を吸収してくれているんです。

 

どうもサラッと黒をきるというのが、美白美人たちのさり気にしている紫外線予防のようです。

 

日傘や帽子は必須アイテム。

 

紫外線は雨ではないので日傘でもある程度通り抜けていくのですが、やわらげることは可能です。

 

帽子も同様。暑い時は黒い日傘や帽子を使って黒い服と代用するのも手ですね。
もちろん全身日焼け止めはお忘れなく。

 

その1みんな快眠である
その2洗顔が丁寧
その3お風呂―毎日湯船につかっている
その4自分の肌の調子を知っている
その5愛用の美白美容液を持っている
その7ちょっとベジタリアン

 

 

 

 

 

 

美白美容液ランキング