その4 自分の肌の調子を知っている

MENU

その4 自分の肌の調子を知っている

美白美人は自分のお肌の状態に敏感。

 

手で触れてみて毎日状態を把握しながらスキンケアをしています。
美白美人たちのスキンケアでは単に化粧品が大事なのではなく、あくまでも主体は自分のお肌。
化粧品を使うお肌を一番大事に中心に置いているのです。

 

美白化粧品を始めると一連のラインがあって、これの次はあれ、あれの次はそれと言うように、どうしても化粧品が中心になりがち。
いっぽう美白美肌の女性たちは、化粧品と自分の肌との相性に敏感です。
自分の肌に合っているものを使っています。

 

かならずしも彼女たちがみんな普通肌と言うわけありません。

透明感

元来お肌のきめが細かいといわれる乾燥肌の人が多く、その乾燥肌を克服し透明美肌を実現している人もいます。
オイリー肌も混合肌の人もいます。

 

女性のお肌は一日の内でも朝と夜では肌の手触りは変わりますし、
ターンオーバーの周期である一か月の間でも月経などのサイクルでお肌の調子は変わります。

 

言うまでもなくいつもお肌が一定の状態であることはないのです。

 

ですから美白美人たちは自分のお肌と毎日相談しながら、スキンケアで調整しています。
乾燥気味の時は保湿をしっかり行ったり、テカりが気になる日は少しクリームを控えたり、
くすみが気になる時は温タオルで顔を温め見たり…とてもお肌との会話が上手です。

 

毎日のスキンケアでお肌が必要としているものを見て触れて確かめているのです。

 

自分の肌の調子を知るにはどうすればいいのか。
それは毎朝自分のお肌に触れてみることです。
化粧水をつけるとき、美容液を付けるとき、クリームをつけるとき、手で触れてお肌の状態を把握します。

 

美白化粧品の付け方を見てもよく「ハンドプレス」ほうが紹介されています。
美白美肌成分を浸透させるためにもこの方法はおすすめです。

 

「ハンドプレス」とはお顔全体に化粧水や美容液、クリームなどをなじませた後、手のひらを使って軽くお顔の肌そのものを包みます。
そして手のひらで肌を少し押す感じです。

 

この感覚を毎日覚えていくと、お肌の変化に敏感になり、美白化粧品を日によって効果的に使うことができるようになります。

 

美白美人は自分のお肌の世話上手な人たちです。

 

その1みんな快眠である
その2洗顔が丁寧
その3お風呂―毎日湯船につかっている
その5愛用の美白美容液を持っている
その6日焼け止めは体にも
その7ちょっとベジタリアン

 

 

 

 

 

 

美白美容液ランキング