その2 洗顔が丁寧

MENU

その2 洗顔が丁寧

色白できれいな女性たちに「その肌って何かしてるの?」って聞くとだいたい「何もしてないし」とかわされるのですが、
それでも突っ込んで聞いてみると、実は女性たちの多くが「洗顔」の話をします。

 

その洗顔って泡で洗顔するそうで、その泡をつくるのが楽しいようです。
不思議にも決して「めんどくさい」とは言わないんです。
自分と比べてここが本当に違うところだと思うのですが、
どうも彼女たちは毎日楽しく泡をつくってそれで顔を洗っているようです。

 

一般に美肌をつくるステップは、お顔の洗浄→保湿→紫外線予防という3ステップです。

 

根本はとてもシンプルなものなのです。

 

美白美人たちはその一番初めのステップである洗顔を毎日丁寧に行っています。

 

特に泡で洗顔することの利点は、
手の圧力でお肌の表面をこすらないということです。

 

肌をこするとどうしていけないかと言うと、
お肌が外からの刺激に反応して、メラニン色素の生成を促してしまうからなんです。

 

ですから透明美肌を目指す時に、スキンケアでお肌をこすらないという事は実に重要です。
シミは紫外線以外に、毎日の知らず知らずの肌への摩擦や無理なマッサージでも出来てしまうのです。

 

洗顔はきれいにメイクを落とすクレンジングの後に行います。

美白洗顔 メラニン


丁寧に泡を立てて、お顔に泡をのせてくるくるとお肌に滑らす感じ。
泡を長くお肌に置けばいいというものでもなく、
ふっと手の感触が軽くなったら汚れが取れているサインです。

 

ぬるま湯ですすぎます。
お湯は決して熱すぎず、そしてすすぎは、過度にすすぎ過ぎずがポイントです。

 

様々な洗顔料がありますが、おすすめは石けんタイプ。
美白のスキンケアのラインで出ている石けんなど、
石けんにはお肌に刺激になる界面活性剤がクリーム状の洗顔ファームのように入っておらず、お肌にとても優しいのです。

 

石けんでも充分泡を立てることができます。
泡立てネットを使うのも一つの方法です。

 

美白美人は決してごしごし顔を洗わないんですね。

 

 

その1みんな快眠である
その3お風呂―毎日湯船につかっている
その4自分の肌の調子を知っている
その5愛用の美白美容液を持っている
その6日焼け止めは体にも
その7ちょっとベジタリアン

 

 

 

 

 

美白美容液ランキング