朝の美白と夜の美白の違いについて

MENU

朝の美白と夜の美白の違いについて

昼と夜のケアの違い

お肌は一日のリズムがあります。
私たちが目覚めて活動する日中は肌も一緒に活動します。
昼間は体を動かすように、お肌も汗をかいたり外からの刺激や体の中からの刺激を受けて活動しています。
夜は日中のダメージを修復する大事な充電時間です―私たちが眠っている間の夜もお肌は活動しているのです。
このお肌の一日のリズムを知ることで、効果的な美白ケアを朝と夜とで行うことができます。

 

まず朝の美白ケアは「守りのケア」です。
日中の活動するお肌の準備のケアといっていいでしょう。
体の内外からの刺激を守ってあげるケアです。
具体的に言うと、日焼け止めやファンデで紫外線を予防する、さらに美容液などで紫外線を浴びても肌の内部でダメージがおきないようにする、乾燥を防ぐなど。

 

シミの大敵となる紫外線を浴びるのは日中ですから、この守りのケアが実はとても積極的な美白ケアになります。
次に夜の美白ケアは「攻めのケア」です。
眠っている間にお肌は再生されていくため、そのリズムを利用して、部分用の美白美容液でシミを薄くしたり、消したり、またシートパックやクリームで肌細胞そのものを修復し保湿をおこなったり。
美白ケアの、いわゆるスペシャルケアを行う時がこの夜のスキンケアの時間になります。

 

この夜のお手入れによって、次の朝にはお肌が浮けた前の日のダメージは修復されリセットされて、新しい一日の活動を新たにスタートすることができるのです。

 

朝の美白と夜の美白とでは美容液も使い分けることでより高い効果を期待することができるでしょう。
朝はお肌全体にしみ予防を施すケアがおすすめです。

 

夜はお肌の充電時なので、部分用の美白美容液でシミを消すという積極的な美白のケアがよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

美白美容液ランキング